読売書法展にて

少し時間が経ってしまいましたが、
8月末に国立新美術館にて開催の読売書法展に出品した作品です。
清の時代の自珍の詩。
「夢」を書きたくてこの漢詩を選びました、
ありそうでないんですよね。

20151001-013746.jpg

「凛凛」と

社中展に出品した作品、
「凛凛」

大阪に帰省中に展示されていたので
見ることが出来ました。
2尺×6尺(60㎝×180㎝)の紙に
2文字を書いてみたのは初めてですが、
気持ちよく書けました。

意味の通り「凛凛と」した感じに
見えているでしょうか?

20150820-221257.jpg

「水到渠成」〜日本の書展にて

昨日六本木の国立新美術館へ行ってきました、日本の書展 東京展を見に。

こちらは出品した私の作品。
「水到渠成」 水いたりて渠なる
水が流れていれば溝が出来る、
意は、
放っておいても結果は自然と成る
という事です。

この書展はとても出品数が多く、
全部見るのはかなり忍耐と時間を要する…
のですが、数が多いだけあって本当に様々な書法、紙、そして個性、が存在していてとても良い刺激になります。
本当にもっと勉強しなければ!

こればっかりは、
放っておいても練習しなければ
結果は出ませんから。。

20150621-215350.jpg

牛に引かれて善光寺詣り〜善光寺の鳩字〜

5月16日、初めて善光寺を参拝しました。
7年に1度のご開帳ということでなんとまあ参拝客の多いこと!
またびっくりしたのは、家族に付き添われながら車イスや杖をついた年配の方が数多くいらっしゃいました。
やはり「一生に一度は善光寺詣り」ということなんでしょうね。。

写真は山門にかかっている善光寺の額です。実はこの字は【鳩字】と言われているそうです。
まず見た時に面白い字だな、という印象でしたフォントでいうと勘亭流(江戸文字)のような。

そして【鳩字】の由来は、この中に5匹の鳩が隠れているため。
分かりますか?善の字に二羽、光の字に二羽、寺に一羽。

昔のひとは粋なこと考えますよね、
この五羽の鳩たちが参拝者の方々に幸せを届けてくれますように。

20150520-223712.jpg

心機一転!

4月より心機一転、
昨日より新しい場所で書道教室を
開講しました!
自由が丘駅より徒歩5分以内の
利便性がとても良いところです。

ローラアシュレイさんのお店の
すぐ近く、
帰りに寄ってしまいそう。。

20150412-141032.jpg

ようやくです。。

自由が丘で書道教室を初めて1年半、

ようやくホームページを開設することができました。

まだまだ手探りですが、なにとぞよろしくお願いいたします。